保育理念

国籍・人種を越え、キリスト教の教えを土台として、一人一人の存在がどれほど大切であり、愛されているということをしっかり受け止め、人を愛する心をつくります。

保育方針

1.異年齢保育を通して、秩序とルールを学びます。
2.グローバルな世界に対応できるように、3歳から
  英語を取り入れています。
3.0歳~3歳の時には、基本的な生活習慣を身につけ、
  好き嫌いなく、なんでも食べるよう、食の楽しさを
  味わいます。